3学期始業式(中学)

  • 2018-01-09

    2018年1月9日(火)

      

     

      

     

    ◆校長先生の話

    反抗期の話、幸せの話をしてくださいました。

    『青い鳥』の話にあるように、幸せは、案外近くに存在するものです。

    人は、自分の幸せの数を数えるより、不平や不満に目を向けてしまいがちです。しかし、『少女ポリアンヌ』のように、「喜びのゲーム」をすることにより、身近な幸せを見つけていきましょう。また、いつでも喜べる準備をしておくも大切です。でなければ「棚からぼたもち」も拾うことができません。

     

    ◆生徒指導部長先生の話

    脳の話をしてくださいました。

    最近の研究で、脳には(潜在意識の中では)、判別できないことが3つあります。「時間・否定・主語」だそうです。

    時間については、過去の出来事でも、これから起こることでも、楽しいことを考えると幸せになります。しかし嫌だったことを思い出したり、心配なことを考えるとしんどくなります。

    否定については、物事を否定されたり、ダメと言われりすると、逆のことを考えたり、やりたくなってしまいがちです。

    主語については、相手の悪口ばかり言ってると、自分にかえってくることがあります。(脳が老化しやすいとのデータもあります)相手の成功や幸せを想起することにより、自分も成功のイメージに近づきます。

    セルフコントロールをしながら、幸せな生活を送りましょう。


«   »

一覧を見る