高校1年生 人権プレゼンテーション大会

  • 2020-01-20


    目的:2学期に各クラスで調べ学習した内容を学年で共有し、個々の学びのきっかけとする。

    場所:体育館

    生徒の様子(発表順 6→8→5→1→2→3→4)

    6組 障がい者問題について

    8組 アイヌ民族の人権について

    5組 ハンセン病について

    1組 在日コリアンについて

    2組 LGBTQについて

    3組 就職差別について(部落差別)

    4組 在日コリアンについて

    (7組は留学中のため不参加)

     

    ☆感想☆

    ~発表者~

    ○大勢の前で話すことに緊張して、手の震えがとまらなくなってしまいました。他のクラスは違った人権学習のテーマで、内容も深くしっかりまとめられており、分かりやすかったです。もし、次に発表する機会があれば、緊張せずにしっかり発表したいです。

     

    ○私は緊張して皆みたいに上手にプレゼンテーションをすることができませんでした。しかし、2年3年時にプレゼンテーションをする時は、この経験を活かして、より根拠を持ったプレゼンテーションを行いたいと強く思いました。

     

    ~聴衆者~

    ○全体的にきれいにまとまっていて、在日コリアンやLGBTQなど様々な世界の人権についてプレゼンテーションを聞きました。非常にテキパキ話をして大きな声でプレゼンテーションされていたので聞き取りやすかったです。

     

    ○他のクラスの発表を聞いて、人権についての学びが深まりました。難しい内容もありましたが、聞いている人がわかりやすいように工夫されていたところが良かったと思います。

     

    ~まとめ~

    今回、2学期にそれぞれのクラスで取り組んだ人権学習のまとめとして、プレゼンテーション大会を行いました。中には初めて耳にする人権問題もあったと思うので、この取り組みが生徒自身の「さまざまな」「身近な」人権問題を考えるきっかけになってくれたらと思います。

     

«   »

一覧を見る