ニュージーランド留学⑨HR担任による現地レポートその4【国際理解Gコース1年】

  • 2018-02-23


    現地視察4日目 2018年2月22日(木)  オークランド市内

     

    最終日の今日は、オークランド市内で「ニュージーランドはどのような国ですか」をテーマに、町の方々に唐突ながら聞いてきました。生徒たちが生活しているNZの雰囲気を、少しでもお伝えできればと思いますので、建物や標識などの写真もあわせてご覧ください。  

     

      

     

      

     

      

     

       

     

    ニュージーランドはどのような国ですか?(又はどのような人がいますか)。

    ☆船のチケット売り場の女性 →「心が広い・助け合う社会・困難を多様に解決する・創造力がある」

    ☆休憩中の警備員さん →「働きやすい・チャンスがあふれている」

    ☆道端で雑談中の女性 →「様々な文化や人種がある・景色最高・若者が過ごしやすい」

    ☆ホテルスタッフの男性 →「町がきれい・せかせかしていない・多様性がある・人が親切」

    ☆建設現場の男性 →「全部いい・日本も大好き」

    ☆仕事後の公務員の女性 →「治安がいい・多文化社会・ATMが多い・自然がきれい」

    ☆インドネシアの留学生 →「全ての人種を尊重する・自由・静か・国際的・親しみやすい」

    ☆公立図書館の女性 →「海と緑がきれい・歴史が感じられる・学習環境がよい」

    ☆ハンバーガー店の日本人女性 →「過ごしやすい・ストレスなし・親日的な方が多い・夏は暑い」 

    ☆ホテルフロントの男性 →「仕事を見つけたら住みやすい・人が親切・静かな環境」

    ☆子供連れのお母さん →「子供を育てやすい・散歩する場所が多い」

     

    ハンバーガー店の女性から、留学中の皆さんへのメッセージ

    「英語がうまくなくてもいいから、思ったことは伝えて下さい。言わないと伝わらないよ。

    NZの人はすごい勢いで話をしてくるかもしれないけど、ちゃんと受け入れてくれるから大丈夫!」

     

    お仕事中の方もおられましたが、快くお話してくださって本当にありがとうございました。

    生徒たちが、今後の人生の中で、たくさんの良い出会いと経験ができることを願っています。

     

    皆さんの今後の人生の中でも、たくさんの良い出会いと経験ができることを願っています。

«   »

一覧を見る