ウニ養殖はじめました(SDGs)

  • 2021-04-08


    本年度より、生徒ユネスコ委員会の新しい取組みとしてウニの養殖を実施します。
    本日は神奈川県の小坪漁港よりウニが届き、水槽に入れ替えました。

    これは生徒たちによる、食料問題について考えたり地域ブランドを作るSDGsの取組の一環です。

    ウニは海の海藻を食べるため、増えすぎると海の環境に悪影響を与え、漁業関係者を困らせています。
    一方、奈良県は海なし県で奈良にうまいものなしと揶揄されることもあり、食に関するイメージが良いとは言えません。
    そこで、これに着目して奈良県の新たなブランドを作れないか、またこういった取組みを通して食糧問題を解決できないか等について、この1年間ウニの養殖を通して、考えたり実践したりするものです。

    今後、養殖のためにエサの確保など様々な課題がありますが、生徒のアイデアで解決してくれると信じています。
    また、これについて生徒が様々なところでお願いするかもしれませんが、ご理解とご協力をお願いします。

«   »

一覧を見る