写真部 卒業生取材撮影 道上龍選手【鈴鹿10時間耐久レース】

  • 2019-08-27


    写真部の活動として卒業生の活動を取材撮影しています。6年前から本校卒業生のレーシングドライバーである道上龍(みちがみ りょう)選手を撮影してきました。8月22日から25日まで鈴鹿サーキットで開催された『鈴鹿10時間耐久レース』にチームオーナー兼ドライバーとしてホンダNSX GT3で参戦された様子を写真部の作品と共に紹介します。

     道上選手は、「日産の本山、トヨタの脇阪、ホンダの道上」は、新レジェンドと呼ばれるほどベテランであり、日本のモータースポーツ界を代表するドライバーです。中高在学中より全日本カート選手権でトップカーターとして活躍されていました。1994年全日本F3選手権デビューウィン(ポールポジション)、2000年には全日本GT選手権でシリーズチャンピオンを獲得、鈴鹿10時間耐久の前身である鈴鹿1000km耐久時代には3度の優勝。チーム監督に転身された時もありましたが、2017年WTCC世界選手権にホンダのワークスドライバーとしてフル参戦し、日本人初の表彰台(3位)を経験されました。その後、スーパーGTのGT300クラスに昨年よりホンダNSX GT3で参戦中です。

     写真部は、これまでにGT500ドライバー・GT300ドライバー・スーパーフォーミュラやGT500チームの監督、世界選手権のワークスドライバーと様々な姿を撮影してきました。レースでは、ドライバーだけでなく、監督・メカニック・ピットクルー・マネージャー・キャンギャルの方々など、それぞれのプロの仕事人たちが力を合わせて戦っています。このチームをまとめているのがオーナー兼ドライバーである道上選手と感じました。レースで勝つことの難しさ、10時間走りぬく大変さを実感すると同時に、このチームの素晴らしさを知ることができました。

    22日木曜日 日本初のレーシングカーによる市街地パレード(鈴鹿サーキット→イオンモール鈴鹿)・トークショーやサイン会など

    23日金曜日 フリー走行(雨)

    24日土曜日 フリー走行(晴れ)・トークショー・ピットウォーク(サイン会)・予選【23位/38台中】・ナイトピットウォーク

    25日日曜日 ピットウォーク(7:10~)・ウォームアップ走行・10時スタート→20時ゴール【決勝18位/38台中】

    他のチーム写真

«   »

一覧を見る