Global Crisis Game(模擬国連)【国際理解Gコース2年】

  • 2017-11-19


    2017年11月18日(土)

    国際理解Gコースの生徒が、本校の協定校である龍谷大学主催の Global Crisis Game(模擬国連)に参加しました。

    各国の留学生と龍谷大学の学生と力を合わせて、生徒一人一人がそれぞれの担当の国の立場に立って、南シナ海問題について議論と交渉をしました。

     

    奈良育英高等学校の生徒は、会の冒頭に、担当の国のポジションペーパー(各国の主張の発表)を読み上げました。授業が終わってから練習していた「読み上げ」に、緊張しながら挑戦しました。

    途中で止まることもありながら、全員無事に読みきりました。

      

     

      

     

      

     

      

     

    その後、各国に分かれて、自分の国の意見と、各国の意見を交渉しながら、案を作る各大学生の姿を見ました。自分と数歳しか変わらない大学生の姿がとても大人に見えたと思います。

    白熱した議論に圧倒されたようですが、いい刺激になったと思います。

    自分の知識と大学生の知識、大学生の思考力と自分の思考力、単語力と発言力、様々なものを感じることができた時間になりました。

     

    閉会式では

      参加賞

      ベスト代表者賞(高校生部門)

      ベストポジションペーパー賞をいただきました。

     

    これからも、自分の国や世界に対するアンテナを広く持っていってもらいたいと思います。

«   »

一覧を見る