高1年・2年選抜コース対象 卒業生による進路ガイダンス

  • 2021-04-01


     春期進学補習最終日、この春本校の選抜コースを卒業して国公立大学への進学を決めた先輩たち3名による、進路ガイダンスを実施しました。
     先輩たちからは、第1志望の大学を決めた時期や、春休み・夏休みの過ごし方、大学入学共通テストの取り組み方などをパネルディスカッション形式で話してもらいました。
     在校生たちは、勉強に行き詰まったときこそ基礎・基本に立ち返ることの重要性、最後まで5教科の学習を続けることのメリットを理解しました。そして、受験校は違えども友達同士で励ましあって受験に臨むことがいかに大切なことなのかを身に染みて感じることができました。

     先輩たちの生の声を聴いて受験勉強に対するモチベーションが上がったことでしょう。いよいよ新年度を迎え、在校生たちは学年が一つ上がります。今日のガイダンスの内容を踏まえて行動に移し、希望する進路を実現してほしいと思います。

    進路指導部長 笠松 貴宏

     

     

    ◆ガイダンス終了後の在校生の様子
    「今日先輩方から直接お話を聞いて、受験に対するモチベーションが上がりました。来年は、僕が在校生に話せるように次年度頑張りたいと思います。」(高校2年生 J・N)
    「来年の今頃に、希望する大学へ行く準備ができるように今から受験勉強を頑張っていこうと思います。」(高校2年生 Y・H)
    「今日は話が聞けて良かったです。受験勉強も大事ですが、まずは定期考査を頑張らなければならないことがわかりました。」(高校1年生)
    「こういった機会があってとても良かったです。来年から2年生になるので、受験を見据えて勉強していこうと思いました。」(高校1年生)

    卒業生の3名の皆さん、本日は貴重なお話をありがとうございました。在校生たちにとって良い刺激となりました。
    皆さんの学生生活を応援しています!

«   »

一覧を見る