天理大学オンライン外国語授業体験

  • 2021-01-27


    2021年1月25日(月)
    4時間目に天理大学外国語学科教授(韓国語 熊木教授・スペイン語 ロペス教授)にオンライン外国語授業体験を実施していただきました。
    スペイン語と韓国語の選択者が2教室に分かれ、それぞれの言語や歴史について学びました。
    50分という短い時間ではありましたが、本当に生徒にとって有意義な時間となりました。
    韓国語では簡単な表現や、ハングルの読み方等を学びました。
    スペイン語では挨拶や世界で話されている言語ランキングが中国語についで2位であること等を学びました。
    韓国語は日本の文法と似ており、スペイン語は日本語の発音と似ているなどの共通点を見つけながら、生徒は楽しんで授業を受けていました。
    今回の授業の機会が、近隣諸国や物理的には距離のある国の文化を考えるきっかけとなることを期待します。
    生徒の感想の中には、これから多文化や他の言語を学びたいと書いている者が多く、天理大学の先生方がこのような機会をつくってくださったことに感謝しております。




    天理大学熊木教授とロペス教授、ありがとうございました。

«   »

一覧を見る