育英西中学校・高等学校

育西プロジェクト

育英西中学校高等学校が行うプロジェクトをご案内します。

2021年度 輝く女性シリーズ vol.14 ~生徒対象講演会~ 2021/06/11


社会で活躍する女性の経験や考え方に触れ、品格や知性を磨くとともに、社会で活躍するための様々な力を養うことを目的とした「輝く女性の講演会」を6月11日に実施しました。今回は新型コロナウイルス感染拡大防止のため、一部のクラスは会場となる体育館と教室をオンラインで結んだ開催となりました。
ご講演は、京都女子大学 学長 竹安栄子先生を講師にお招きし、

 「男女の格差、何が問題か:世界との比較で考える 日本の現状と課題」

と題して、お話しいただきました。

(講演会の様子)            (高校生徒会長との記念撮影)

【内 容】

  1. 「ジェンダー」の意味
    (1)「ジェンダー」の定義
    (2) SDGsにおけるジェンダー平等
    (3) なぜジェンダー平等が問題か
  2. ジェンダーギャップ指数120位の現実
  3. 経済領域の現状と世界
  4. 政治領域の現状と世界
  5. 世界はどのようにして女性議員をふやしたか
  6. 政治を作るのは誰か?

 

ご講演の中で、すべての人の人権を尊重し、「誰一人取り残さない」社会をつくり、さらに、女性が生きやすい社会は全ての人の幸福に資することが、ジェンダー問題を考えるうえで、重要であると力説されていました。生徒たちは講演後、「今後社会で活躍する女性として自信をつけるためには、どのような心構えでいたらよろしいでしょうか?」など積極的に質問し、竹安学長には自身の経験を元に丁寧に答えていただきました。

 

〈講師プロフィール〉

1976年 関西学院大学大学院社会学研究科修了。追手門学院大学助教授・教授、京都女子大学教授など歴任、2016年 京都女子大学名誉教授。2017年より京都女子大学特命副学長を務め、2020年より京都女子大学学長(現職)。専門分野は地域社会学。最近の研究内容は、「政治領域における女性の問題―地域政治の分野を中心にー女性、ジェンダー、地域政治」。「日本酒文化を核とした地域・観光振興に関する総合研究」。2019年 厚生労働省 教育訓練プログラム開発事業「非正規雇用で働く女性のためのキャリアアップ・キャリアチェンジ支援プログラム」の実施責任者を務める。2020年 文部科学省 女性の多様なチャレンジに寄り添う学びと社会参画支援事業「Ai/RPAに特化した働く女性のための学び直しプログラム」事業実施責任者を務める。

 

<前回の講演会>2020年度 輝く女性シリーズ vol.13 ~生徒対象講演会~

 


年間行事
SCHOOL EVENT年間行事
クラブ活動
CLUB ACTIVITESクラブ活動

Copyright © 1944 - 2022 NARA IKUEI Jr. & Sr. HIGH SCHOOL. All Rights Reserved.