2019年 中学1年生立命館コース 琵琶湖体験学習

  • 2019-07-30


    2019年 中学1年生立命館コース 琵琶湖体験学習(オーパル)を実施しました。目的は、自然と触れ合い、環境への関心を高めること、身のまわりのことを科学的に捉える姿勢を養うことです。
    開校式では、注意事項をしっかり聞き、「今日の活動は、みんなで協力し、問題解決をしよう」と、確認しました。

    さっそく、外にでて、カヌーに乗ってヨシ帯観察です。バランスをとり、うまく漕ぐことができました。

    外来魚調査でしたが、環境の変化や生態系が変わったためか、今年は、残念ながら釣れませんでした。

    最後にヨシを使った笛づくりです。

    琵琶湖のヨシが、湖の浄化や生き物のすみにもなるなど、動植物の生態系を保つのに一役かっていることがわかりました。しかし、近年の急激な環境の変化や人間の生活環境の影響は、琵琶湖固有種だけでなく、外来魚にも影響を与えています。私たちに何ができるのか、また、何が実行できるのかが、今後の課題だと思います。

«   »

一覧を見る