遠隔授業プロジェクト

  • 2020-05-11


    本校では4月当初より「Zoom」での遠隔授業を実施し、現在は全学年で取り組んでいます。一日のスタートは、クラス担任による朝の会からです。生徒と画面を通して顔を合わせ健康状態や出欠の確認をします。その後、一日に5コマの授業を行っています。

     

    遠隔授業での生徒の様子を紹介します。

    中学1年生。英語ではロールプレイングで音読をしたり、数学ではClassiNOTE上のタスクシートに記入したり、まだまだ慣れないICTですが、精一杯取り組んでいます。

    中学2年生。地理ではアジア州についてまとめてGoogle Classroomに提出したり、体育では体つくり運動でトレーニングをしたりもしています。在宅という限られたスペースで生徒たちはがんばっています。

     

    中学3年生。英語や国語ではグループワークをしたり、発表したり、生徒たちはいつもとは違う環境ですが、しっかりと発表しています。

    高校1年生。ICTにも慣れてきて、ペースをつかんできているようです。授業が終わってからも疑問を解決するために質問をする生徒もいて、熱心に取り組んでいます。

     

    高校2年生。グループワークをしたり、問題演習に取り組んだり、Metamoji ClassroomやZoomのホワイトボード機能などを用いて、生徒たちの学習の成果を提出してもらったりもしています。

     

    高校3年生。問題演習など、受験生としての不安がある中ですが、今できることを一生懸命取り組んでいます。

     

    生徒たちが協力をしてくれていることにより、機器トラブルがあるときなどはその都度対応していきながら、「今できること」を行うことができています。生徒たちも自ら考え行動するというスキルをアップし、学習への取り組み方に工夫を加えてくれています。

« 

一覧を見る