「学校において予防すべき感染症」による学校の手続について

学校保健安全法により、「学校において予防すべき感染症」の種類と出席停止に関する手続が定められています。

学校において予防すべき感染症による出席停止について
学校は集団生活の場であり、学校において予防すべき感染症が発生した場合は、学校保健安全法第19条により、その感染症にかかった児童・生徒に対して、出席停止の措置をとるように定められています。
つきましては、以下のとおり、学校で予防すべき感染症の種類と出席停止に関する手続きについてお知らせしますので、ご理解とご協力をお願いします。
学校において予防すべき感染症の種類
学校保健安全法施行規則に定められている感染症は、下記のとおりです。これらの病気にかかると(疑い・おそれを含む)、出席停止の措置をとります。

arrow-lightpink 感染症の種類

第1種 エボラ出血熱、クリミア・コンゴ出血熱、重症急性呼吸器症候群(病原体がSARSコロナウィルスであるものに限る)、痘そう、ペスト、マールブルグ熱、ラッサ熱、急性灰白髄炎、南米出血熱、ジフテリア、鳥インフルエンザ(H5N1型,H7N9型)
第2種 インフルエンザ(鳥インフルエンザ(H5N1)を除く)、百日咳、麻しん、流行性耳下腺炎、風しん、水痘、咽頭結膜熱、結核、髄膜炎菌性髄膜炎
第3種 コレラ、細菌性赤痢、腸チフス、パラチフス、腸管出血性大腸菌感染症(O157など)、流行性角結膜炎、急性出血性結膜炎、その他の感染症

第3種の「その他の感染症」については、地域や学校内での流行状況等を考慮の上で校医等の意見をきき、校長が出席停止の指示を出すかどうか判断するとなっているため、必ず出席停止になるという感染症ではありません。

第1~3種の感染症の診断を受けた場合はまず学校へご連絡ください。

arrow-lightpink 出席停止期間の基準

第1種 上記の表に記載されている感染症 治癒するまで
第2種 インフルエンザ(※) 発症した後(発熱の翌日を1日目として)5日を経過し、かつ解熱した後2日(幼児は3日)を経過するまで
百日咳 特有の咳が消失するまで又は5日間の適切な抗菌薬療法が終了するまで
流行性耳下腺炎 耳下腺、顎下腺または舌下腺の腫脹が発現した後5日を経過し、かつ全身状態が良好になるまで
麻しん 解熱した後3日を経過するまで
風しん 発疹が消失するまで
水痘 すべての発疹が痂皮化するまで
咽頭結膜熱 主要症状が消失した後2日を経過するまで
髄膜炎菌性髄膜炎結核 病状により学校医その他の医師において感染のおそれがないと認めるまで
第3種 上記の表に記載されている感染症 病状により学校医その他の医師において感染のおそれがないと認めるまで

※鳥インフルエンザ(H5N1)および新型インフルエンザ等感染症を除く。
※ただし、第2種の各出席停止期間は基準であり、病状により学校医その他の医師において感染のおそれがないと認められる場合についてはこの限りではない。
※鳥インフルエンザ(H5N1)および新型インフルエンザ等感染症を除く。

出席停止の手続き
arrow-lightpink 連絡
上記の表に示している病気に感染、感染の疑い・感染の可能性が生じたと医師から診断を受けた場合は、速やかに担任へ連絡してください。
(インフルエンザの場合は、A型、B型等の型が判明していれば合わせて報告してください。)
医療機関で罹患証明書をもらっておいてください。学校で用意している「証明書(学校感染症用)」を使用してもらってもかまいません。
arrow-lightpink 療養
医師の指示に従い、感染のおそれがなくなるまで、自宅療養を行ってください。出席停止期間は、感染症の種類に応じてだいたい決まっていますが、個人差がありますので、合併症がおこらないように十分休養してください。この間は、出席停止扱いとなり、欠席にはなりません。
arrow-lightpink 登校
再登校時に医療機関でもらった罹患証明書を持参し、担任に提出してください。
必要書類の「証明書(学校感染症用)」はこちらよりダウンロード(PDF)することができます。また学校から郵送することもできますので、担任へ連絡する際にお知らせください。
「罹患証明書」は医師に記入していただきますが、ほとんどの医療機関では有料で自己負担となります。料金は医療機関ごとで異なりますのでご了承ください。
出席停止期間中は、友人との接触を避けてください。また、インフルエンザは様態が急変することもありますので、自宅で生徒が一人にならないようにご注意ください。