中学2年生 技術家庭 自家製サニーレタスを用いたサンドイッチ作り

  • 2019-02-19


     

    2019年2月

    技術科の栽培領域授業用の畑で沢山育ったサニーレタスを使ってサンドイッチを作りました。

    通常は、学内にある調理室での調理実習が普通ですが、昨今、「大震災がいつ発生するか」が

    心配される中、恵まれた環境の調理室ではなく、技術工作室で衛生面に配慮して身近な畑で収穫

    した野菜を利用して、火を使わず、手軽に栄養価もあり、美味しく食べれる非常食製作を目指して

    「サンドイッチ」作りに取り組みました。

     

     

     

    ☆衛生面についての指導・調理の準備

    生徒たちは除菌をしたシートを敷いたテーブルで、水を一切使用せずに短時間で調理をしています。何らかの災害時においても、自らの生命を保つ術を学んでもらおうと工夫させています。

     

     

    ☆調理開始

       

     

     

     

    ☆試食タイム

    自分達が作ったものを試食。

    採れたてサニーレタスはシャキシャキして美味しかったですね!

    みんなの協働作業で作ったサンドイッチも格別です!

     

     

    出来上がったサンドイッチは、各自で試食し、更に「おもてなし」の気持ちを

    もって、日頃お世話になっている先生方に各班で自由にお届けに行きました。

    日頃から、色々な経験をしておく事で、災害発生時に中学生として被災地で

    何かの活動が出来ないかを考え、取り組める意識が育てばと思います。

     

    パンの耳を使ったラスク。

    こちらは、余剰のパンの耳を電子レンジを使って授業担当が手作りして

    生徒達も楽しんで食べました。

     

     

     

     

«   »

一覧を見る