【ESD】環境問題について考えるゲームの実施

  • 2021-02-23


    中学校の公民の授業、高校の世界史の授業で(一社)ゼロ・ウェイスト・ジャパン作成による「ごみゼロゲーム」を使用した環境教育を実施しました。
    (参考)https://zwjapan.org/

    中学生や高校生にとって触れる機会の少ない環境問題について、このゲームを用いながら身近に感じ、ゴミを減らすための方策について考えました。


    「総合的な探究の時間」で学習した環境問題について振り返ったあと、ゲームのルールを確認していよいよスタートです。

    スタート時はどこかぎこちない様子でしたが、生徒どうしの「ツッコミ」が入って盛り上がり始めると、「じゃあ、このゴミはどう処理するの?」といった具合に、自分たちで問題の核心に触れるようになりました。


    ゲームは大変盛り上がり、議論も白熱しました。
    生徒たちの可能性やたくましさを改めて感じさせられるとともに、この取り組みの有効性を認識できました。

    奈良育英の生徒たちが、現代の様々な問題を解決するリーダー的存在になることを期待しています。

           

«   »

一覧を見る