多文化理解Ⅰの時間(国際理解Gコース1年)

  • 2016-05-17


    多文化理解Ⅰは、国際理解Gコース独自の科目の1つです。

    この授業では、留学を意識し、地理的、歴史的に関係が深い韓国朝鮮・中国について学習します。言語、文化、映画や音楽のサブカルチャー等を通して、日本との関わりを知り、アジアへの関心、留学中のコミュニケーションを取る話題を得ることを目的としています。

    DSC_0553

    授業担当は、宮下陽帆先生[中国語担当]と鄭 鍾哲(정종철)先生[韓国朝鮮語担当]です。

     

    DSC_0556

    今日の授業は、中国語と韓国朝鮮語を使って、モノの値段を質問して答えるというレッスンです。数字の聞き取りに強くなること、また値段を知ることによって、3つの国の物価の相違などに気づくという効果も狙っています。

    _20160517_123616

     

    生徒たちは、ケーキ、カレー、ビビンバ、ステーキなど、会話練習で聞いてみたいモノについて、先生から中国語と韓国朝鮮語での表記(文字)と発音を教えてもらってから、ペアになって会話練習をしたり、先生に質問したりしていました。

     

    ことばの仕組みを知り、挨拶や簡単な質疑応答ができるようになることを目標としています。

    そして、自己紹介ができるまでレッスンを重ねていきます。

     

     
    【1ヵ月後】


    1ヵ月後の国際理解Gコース1年生の多文化理解の授業です。
    とても楽しそうにグループワークをしています。
    どうやら簡単な会話を創作しあっているようです。

    中国語を選択するグループもあれば、韓国朝鮮語を選択するグループもあります。そこに日本語と、たまに英語が交じり合います。4ヶ国語が飛び交う、まさにアジアンワールドです。

    IMG_2423   IMG_2426

     

    IMG_2428   IMG_2424

     

    いよいよ発表です。発表順は「石・剪・布(グー・チョキ・パー)!!」

    歌あり、笑いありで、なかなか凝った会話をしています。(日本語しかわからない筆者にはちんぷんかんぷんです!!)

    IMG_2431   IMG_2433

     

    IMG_2443   IMG_2445

     

    1つのグループ発表が終わる毎に、授業担当者が気になった言葉やフレーズをピックアップし、全員でシェアしていきます。今すぐ使えるお役立ち情報満載です。

    IMG_2448   IMG_2439

     

    IMG_2444   IMG_2454

     


    全グループの発表が終わり、本時の授業のテーマの確認とまとめに入りました。

    本時のテーマは「コミュニケーション」でした。したがって、単に覚えたフレーズを使って会話をしていたのではなく、コミュニケーションを円滑に図るために大切なことを意識した会話を創作していたのでした。

    まず①「ほめる」ということを意識して、相手に話しかけます。  ← 本時

    次に②「好奇心」をもって相手に接するために「質問」を繰り返していきます。 ← 次時

    そのような過程を生徒たち同士で意識しながら、コミュニケーションを「つなげていく」ことを確認していました。

     

    最後には、今日、学んだことをおさらいしながら、ペアを変えて「相手をほめる」ことを意識した会話を楽しんでいました。

    IMG_2457

     

    たくさんの刺激を得て、約1ヶ月前の授業から生徒たちの様子ははっきりと変わっていました。

     

    国際理解Gコースでは、独自のカリキュラムを実施しています。授業見学も随時受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせください。(国際理解Gコース担当:宮下)

    お問い合わせは、HP下段の問い合わせフォーム、電話などをご利用ください。

«   »

一覧を見る