情報技術部 全日本ARDF競技大会 全国優勝 

  • 2019-10-08


     2019年10月5日~6日 北海道千歳市・札幌市にて開催されました全日本ARDF競技大会(第30回記念大会)に出場してきました。

     10月5日のクラシック競技では、各年齢クラスにおいて、日本代表経験のある選手も多く参加している中で、半数程度が競技時間超過や途中リタイア等が続出する難易度の高い大会となりました。

     その中でも、以下の成績を収めました。

    高校個人 全国優勝2-6澤島 良和

         全国3位1-5有吉 響 

         全国8位2-2苻阪 宥樹

    高校団体 全国2位

     

     10月6日はスプリント競技と言われる探索技術速度を求められる競技でしたが、この競技においても善戦し、高校生では4位以下を独占、中学生も1位を逃しましたが2位以下を独占する成績を収めました。

    高校個人 全国4位1-6入矢 侑士

         全国5位2-6澤島 良和

         全国6位2-2苻阪 宥樹

         全国7位1-1関 大軌

    高校団体 全国優勝

    中学個人 全国2位2-C髙橋 陸杜

         全国3位1-C吉田 陸

         全国4位1-C海山 尚輝
    中学団体 全国優勝

     

     今回の大会では、2019年のアジア大会が開催されていれば、本校から日本代表選手として4名が選ばれており、この4名の部員の力とこの部員達とクラブ内で競う練習を積んだ部員の総力が今回の結果に繋がりました。 クラブとして10年以上、このARDF競技に取り組んできましたが夏の高校生大会と全日本大会共に優勝は達成出来ず、念願として長年取り組んできました。この2大会制覇は顧問の目にも涙が溢れました。

     

     関西地域では、競技人口が少ないですが、全国にはジュニア選手だけで300名を超える選手がおり、各府県・各地方内での予選大会で勝ち抜いた選手が出場する全国大会では、誰もが日本代表を目指して参戦してきます。その中で、上位3位の選手が選ばれる日本代表選手を目指してこれからも日々の訓練を続けます。

     

«   »

一覧を見る