4年生 サイエンス 閉じこめた空気や水

  • 2018-10-12


    「僕たちの夏はまだ終わらない!」とかっこいい事を言いながら、水鉄砲でペットボトルの的をねらう子ども達。

    これはサイエンスの学習の一部です。

     

    まず、閉じこめた空気を押した時どうなるかを知る為、注射器に空気を閉じこめて押し戻す感覚を実感し、その力を利用した空気鉄砲を飛ばしあいました。

    ポーン!パーン!といい音が3階廊下に響きわたりました。

    前玉だけ、前玉と後玉を使った時、前玉を二重にした時など、より遠く飛ばす工夫を考えながら楽しみました。

     

    次に水を閉じこめたらどうだろう?

    大半の予想は「空気よりよく飛ぶ!」でした。

    ところが…あれっ?落ちちゃった。

    不思議そうなみんな。

    …そうか、押し縮められないから前玉を押してくれないんだ❗️  と納得したようです。

    その後、閉じこめた水を勢いよく飛ばす工夫として水鉄砲…となりました。

    ペットボトルが倒れるたびに歓声が上がり大興奮。

    「もっとやりたい!」とご機嫌でした。

    なかなか倒れない5メートル先のペットボトルをみんなで協力して狙っていました。…こういう時の団結がすごいですね。

« 

一覧を見る