4年浄水場見学

  • 2018-04-16


    川の水がどのようにして、水道水として安心して飲める水になるのでしょう?

    4年生は、生活水が作られるまでの秘密を探るために、緑ヶ丘浄水場に見学に行きました。

    浄水場の方から、実験を交えながら分かりやすく教えていただきました。

    川の水を水道水にするためには、「沈殿」「ろ過」「消毒」の3つの過程が必要だそうです。さっそく現場に行ってみましょう。

    「ひろいなぁ~」「うわぁ~おっきい池」

    広い敷地内にある沈殿池、ろ過池などを見学に行きます。

    これは川から届いたばかりの水です。

    にごっていますね。これでは飲めそうもないです。

    沈殿池では水の流れをゆるめて、にごりやゴミの固まりを沈めやすくします。

    このあと「ろ過」された水が「消毒」されて、やっと水道水になっていくんですね。川の水は色々な行程を経て、私たちに届けられています。

    目で見て耳で聞いて匂いをかいで。子ども達は五感をフル活用して、水が変わっていく様子を見学することができました。

    今日の体験を今後の学習に活かしたいです。

«   »

一覧を見る