やり遂げる学習

工夫したり、繰り返したり本当に身につくまでやり遂げる学習

読み・書き・計算、身体表現や音楽表現もそれらに含まれますが、単なるドリル学習ではなく、子ども達の内から沸き起こる学習として、工夫したり、繰り返したりして、本当に身につくまでやり遂げる学習活動をめざします。
また本校では、タブレットやパソコンを使ったICT教育やネイティブの先生との英語教育もおこなっています。

ICT教育詳細 グローバル教育詳細

 

言語技術 高いコミュニケーション能力を育む

言語技術とは、論理的に話す力を鍛えるための言葉のトレーニングです。

そのために3つのことを学びます。1 つめは言葉の4つの機能「聞く、話す、読む、書く」を使いこなすための技術を学ぶこと。

2つめはこの4 つの技術を通して子どもの論理的な思考力や分析力、検討する力、検証する力を子どもの中から引き出すこと。

3つめはトレーニングを通して言葉に対する感性や豊かな言語能力を育てることです。本校では国語の授業の一環として問答ゲーム、再話、読書へのアニマシオンなどを随時行っています。

小中連携授業

4f096a65fc8297f30fe85761a6d0fbbd-e1432535277372.jpg

小学校と中学校が同じ敷地内にあるという利点をいたした取り組みです。理科では中学校の理科教室で、専門的な知識をもった化学や生物の教員に授業をしてもらいます。

また、授業には小学校と中学校の複数の教員がつきますので、安全に、そして確実に実験を行うことができます。

理科以外では、英語や5・6 年生の算数と合同体育で、中学校の先生に来ていただいて、小学校の先生とともに指導しています。

特別算数

img-work-01

計算力の定着を図るため、3年生から毎週1時間算数の問題集を使って練習し、テストをします。そして、その結果を進級表で御家庭にお知らせします。

「テストで合格する」という目標をもって学習するため、着実に力をつけていくことができます。

玉井式算数

img-work-01

「国語的算数」と「図形の極」によって文章題と図形問題の理解を深め、イメージング力を養うことができます。

読解力や図形問題の理解を深め、じっくり考える力を養います。

また、パソコンやタブレットを活用し、創造の源となる思考力の育成に努めます。

icon-linkpage 詳しい玉井式算数についてはこちら

おうちノート

img-work-03

毎日その日にあったことを綴ります。1年生は5月から書き始め、最初は二文三文の短いものですが、少しずつ長く詳しく書けるようになります。子ども達は毎日担任の返事を楽しみにしています。

長期休業中は表紙をつけて1冊の文集として仕上げます。卒業時まで毎日書き続けますので、自然と書く力が身につき、1 年生から書き貯めたおうちノートは卒業時には多くの量となり一人ひとりの大切な宝物になります。

漢字検定

img-work-04

一年間の漢字学習の総まとめとして、全校児童で受検します。

漢字の読み・書きはもちろん筆順や画数を確かめられる機会となります。また「漢字検定合格」という目標が学習意欲の向上にもつながります。

 

関連情報

学校案内
学校案内
校長挨拶、沿革、進学実績、一貫校の流れ、交通アクセスなど学校基本情報をご案内いたします。
詳細はこちら
学校案内
学校生活
学校生活
スクールカレンダー、1日の流れ、なかよしグループ・クラブなど、育英小学校の生活をご案内いたします。
詳細はこちら
学校生活
入試案内
入試案内
入試要項、入試説明会、オープンスクール、募集要項など、入学情報をご案内いたします。
詳細はこちら
入試案内
奈良育英学園各学校
奈良育英学園関連リンク
奈良育英学園、奈良育英小学校、奈良育英中学校高等学校、育英西中学校高等学校をご案内いたします。
詳細はこちら
奈良育英学園関連リンク